セブ島の海の楽しみ方


スキューバーダイビング

セブの海中の地形は変化に富み、魚類・海中生物の種類も豊富です。

ダイビングポイントに恵まれ、楽に潜れるとあって、年間を通して世界中からダイバーが集まります。

初心者で英語が苦手な方は日本人スタッフが常駐しているダイビングショップを選べば、体験ダイビングなどで美しい海を安心して楽しめます。


セブの海

マクタン島辺りはヒルトゥガン海峡が走り、ドロップオフや洞窟も多くダイビングの好ポイントが連なる。

ジンベイザメに会えることも珍しくないそうです。


OSLOBのジンベイザメ

セブ市から南に約3時間半バスでTAN-AWANにじんべいザメを見学ができます。


マリーンスポーツ

エメラルドの海、澄みきった空の下で、全てがそろっていると言って過言ではないセブでのマリンスポーツを思う存分楽しんでください。

パラセイリングはモーターボートに引かれ飛び立って透き通った海とビーチを眺める空中散歩、こんな体験は感動・感動・感動間違いなし。

ライフジャケットを装着するので海に落ちても心配ありません。本当に気持ち良いです。


アイランドホッピング


アイランドホッピングは手付かずの自然、美しい白砂のビーチに恵まれた島々を巡って島ではシュノーケリング・日光浴などをして食事(バーベキュー)をして帰ってくるツアーです。

半日ツアーと1日掛けて遠方の島まで行くツアーもあります。


シュノーケル

スキューバダイビングはちょと・・と言う方へのお勧めは「シュノーケル」です。

水中眼鏡と口から空気を取り入れるチーブ状の用具がセットされています。

このシュノーケルを付けて海中を覗いて見るだけでも別世界の眺めが堪能出来ます。

泳ぎに余り自身のない方は「ライフ・ジャケット」を付けてやれば疲れも和らぎ、80代の方も楽しむ事が出来ます。



自然に癒されましょう
自然いっぱいの美しいビーチで魚たちと戯れていると日頃の疲れなんか一気に吹っ飛んでしまいます。

太陽の輝くビーチでは紫外線の量が多いので日焼けには特に注意が肝心です。

思いがけず焼けど状態なったりすることもありますからTシャツを着たままシュノーケルを楽しむのが良いと思います。

全てを忘れてリセットする事も大事ではないでしょうか!Saito


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村
この情報がお気に召しましたら応援クリック(日の丸)を宜しくお願いいたします
スポンサーサイト

テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ