ヨーロッパ観光客が多くなったセブ島

セブ島旅行者
海外での就職!

セブも貧困の格差はありますが富裕層10%がセブ全体の富90%を握り、90%の人々が10%の富を分け合っているような感じです。10%の富裕層の殆どが華僑の人たちで結婚も華僑同士以外は認めないのが多いようです。
世界第2位になろうとしている中国のパワーは此処セブでも凄い勢いです。

外国人の移住者が多いセブでは賃貸住宅も富裕層向けですと月の家賃が20、30万円は多くあります。韓国人の子供さんが英語留学をしているインターナショナルの人気校は年間授業料が800万です。
子供の教育(小学校)に年間800万円は日本社会でも少ないと思います。話を聞きますと、英語能力を身に着けてないと国内の上場会社には就職できないのが現在の韓国のようです。
セブの美人

10年前は観光で日本人が1番多かったセブ島ですが現在は韓国、日本、ロシア、アメリカの順になっています。
最近はモールに出かけますとよく見かけるのがヨーロッパからの観光客が増えているような気が致します。セブも大分国際的になってきました。
ビルの建築、高級住宅地の開拓があちら、こちらでやっています。

何の目的で移住をするかを考えた場合、日本には仕事がないから海外移住を考えている方にはセブはお勧めいたしません。仕事はありません!賃金の安く雇用が容易なセブでは外国人雇用は殆どありません。此方で事業を考えられるのは日本人でしかできない仕事以外は難しいと思われます。

余裕を持ったセカンドライフを考えられている方には最適な場所です!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
にほんブログ村ブログランキングです。クリック宜しくお願いします!
スポンサーサイト

テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
カテゴリ