セブ島の物価とロングステイ



海外移住

生活費が5万、6万円で海外移住が出来ますなどとブログなどで紹介されていますが少し違うと思います。

安いから良いのではなく、自分が求めているものがそこにあるかが重要な気がします。

日本での生活より、より豊かな生活ができるかを基本に置くべきではないでしょうか!



年金生活

セブには年金生活者もたくさんいますが生活のレベルは人によって異なります。

日本企業の派遣社員ですと家賃10万円、自家用車、運転手、メイドさん全てを会社で支払っています。

その生活を個人でやろうとしますと最低25万円は月にかかります。



生活水準

セブは海外やマニラ、ミンダナの富裕層が集まっていますので日本の物は殆ど揃います。

しかし日本と同じ食生活をしようとした場合、日本の輸入食品ですと倍の値段です。

日本で100円のカップラーメンが此方では200円調味料なども全て日本の2倍の価格です。

でも、たばこマイルドセブンは120円、キリン一番絞りのビールが80円と日本国内での税金が高い物は此方で安くなります。

フィリピンは一般庶民がたしなむ物に対しては税金をかけず、贅沢品(車など)には税金を多めにかけています。



日本料理の工夫

セブの食材を使って最低必要な調味料などを日本の物にするなどの工夫が必要と思います。

牛肉はかたく美味しいとは思いませんが、豚肉、鶏肉、魚はとても美味しく安いです。(豚肉1Kg380円、鶏肉1Kg240円)

お米は日本輸入米と地元米を比べますと約4倍以上の値段がしますのでフィリピンで作った日本米をお勧めします(1Kg240円)



お試し移住

日本の寒い期間だけ、花粉症になる時期だけの移住!

年金が満額いただける65歳までの移住!

英会話やダイビングをするためなど目的をもった移住を考えるのもよいと思います。

セブ島の物価で電気料とガソリンは日本とそんなに変わりません。

住まいを探す条件は治安と水が大切ですしできれば近くに日本人が住んでいる事だと思います。

最初に1週間~1ヶ月は移住体験をしてみてから検討するのが宜しいと思います。



移住先が自分に合っているか!が大切だと思います。Saito

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村 この情報がお気に召しましたら応援クリック(日の丸)をよろしくお願いいたします
スポンサーサイト

テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ