年金と海外移住2

フィリピン、セブ島

海外移住、年金生活、セブ情報

海外移住をした場合生活費が5万、6万円で出来ます。このような情報は最近確かに多くなっています。しかし、安いから良いのではなく自分が求めているものがそこにあるかが重要な気がします。

セブでは年金生活者もたくさんいます。しかし、生活のレベルは人によって異なります。日本企業の派遣社員ですと家賃10万円、自家用車、運転手、メイドさん全てを会社で支払っています。

その生活を個人でやろうとしますと最低25万円は月にかかります。セブはマニラ、ミンダナの富裕層が集まっていますので日本の物は殆ど揃います。
しかし日本と同じ食生活をしようとした場合、輸入食品ですと日本の倍はかかります。

日本で100円のカップラーメンが此方では200円たばこマイルドセブンは120円、キリン一番絞り100円と安いものもありますが殆どが日本価格の2倍となっています。

セブの食材を使って最低必要な調味料などを日本の物にするなどの工夫が必要と思います。牛肉はかたく美味しいとは思いませんが、豚肉、鶏肉、魚はとても美味しく安いです。(豚肉1Kg380円、鶏肉1Kg240円)お米は日本米と地元を比べますと約3倍の値段がします(日本米1Kg240円)。

海外移住の利用の仕方も考えられたらいかがでしょうか!
日本の寒い期間だけ、花粉症になる時期だけ、年金が満額いただける65歳まで、英会話を覚えるため、ダイビングをするためなど目的をもった移住を考えられ、最初に1ヶ月は滞在をして体験してみてから検討するのが宜しいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ