ボランティア活動をする方が増えました。

施設の子供達 
ボランティア組織

日本でもNGO、NPOを装って営利事業をしている組織も少なくないと思われます。
フィリピンでも日本を相手にしてNPOを表に出し実際は違っている組織もたまに見かけます。
組織を維持するために寄付金を集めるのは理解できますが営利を目的にしないようにしないといけません。
最近は孤島や施設などに日本人がボランティア活動をしている方が目立つようになって来ました。

孤児院施設 
皆のお母さん

一戸建ての家には一人のお母さんと10名くらいの子供たちが一緒に生活をしています。
このお母さんは無報酬で食べるだけは無料で完全なボランティア活動で行っています。
施設でもスクスク 
本当のNPO

セブにはいくつかの孤児院施設が有ります。
親がいない子供や片親がいても生活が難しいと教会が判断をした場合施設に入居できます。
子供達は教育を受け優秀な生徒には大学まで行かせます。
施設内には幾つも家が建ち、一軒には7名の子供(年齢さまざま)とお母さんが1人暮しています。
そのお母さんは実の子供のようにシツケ、教育をします。
年上の子は大学生、下は2歳で誰が見ても兄妹のようで家族です。
個々の施設はボランティアと寄付金で成り立っています。

明るい子供たち 
日系人の子供もいます

施設には日本人に騙され子供を産み、育てる事が出来なくなった母親が、子供を置き去りにして親が行方不明になった日系人の子供さんもいます。
200人の施設ですが10人近くお父さんの顔を知らない日系人がいるそうです。
殆どが結婚をする、家を買ってあげる、など甘い言葉を掛け子供が出来るとポイ!と捨てる父親。

孤児院 
素直で明るい

中には大学を卒業して大きな企業で働き、施設に寄付をしている卒業生もいるようです。
施設で育った子たちは兄妹以上の絆を感じることができました。
私が無償で日本語、日本料理を教えた生徒さんもこの施設にいました。

彼女は現在21歳で妹弟も施設にいましたが今は同じ家で姉妹一緒に暮しています。

驚くくらいしつけも教育もしっかりしていました。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村この情報がお気に召しましたら応援クリックを宜しくお願いいたします
スポンサーサイト

テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ