フィリピン人をターゲットとした日本食

SM
SM(シューマート)

靴を売っていたお店が起源でシューズマートから来た名と聞いています。
セブで大型モールと言えばSMとアヤラです。このモールに来れば殆どの物が揃います。
セブではやっと光通信ができSM中央入り口ではカード会社や通信会社が宣伝をしていました。
BDOはSMの関連会社の銀行です。

ユニクロ 
ユニクロ

昨年出店したユニクロです。
日本では安いイメージで私たちはとらえてますが、商品の値札を見てみますとフィリピンでは高い部類に入ると思います。
又セブでは慣れていないせいか客入りもこれからだと思います。

ラーメン店 
フィリピン人相手のラーメン店

セブ島にある日本食レストランのラーメンの価格は300ペソ前後が一般的です。(1ペソ2.2円)
一般の方には少し高めで日本レストランの客は韓国観光客、フィリピン富裕層、そして定住している日本人です。
この設定はフィリピン人をターゲットとした価格で味は多少フィリピン好みの味になると思いますがこの料金ですとファーストフード価格で人気が出ると思います。

吉野家 
吉野家

セブでも数か所に出店した吉野家です。
SMの地下1階スーパーマーケット入り口の向かいにあります。

メニュー 
フィリピン人ターゲット価格

フィリピンのファーストフードと言えばフライドチキンのジョリビーですがその価格に焦点を合しているようです。
ラーメンと同じく150ペソ以下に設定すると一般のフィリピン人が入ると思います。

牛丼 
日本の牛丼と同じ

見た目は日本の吉野家とほとんど変わりません。
フィリピンではスープをご飯にかけて食べる週間がありますので的を得てると思います。
一口食べると懐かしい味がしますが違う点はライスです。
日本米を使うと価格的にあいません。日本米に似たお米を使っていますので食べているうちに少し合わない気がしました。
紅生姜と七味は日本と同じもので牛肉も日本の吉野家と同じアメリカ牛です。

フィリピン人をターゲットとした日本食が増えています


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村この情報が参考になりましたら応援クリック(日の丸)をよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ