フィリピンの国民性

チャチャ 
フィリピン的考え方

海外移住をした時に良く感じる事のなかに、私たちの常識とその国の考え方の違いです。
フィリピンの場合、約束を守らなくても平気な人が多く本人もさほど気にしてないようです。
どこの国へ行っても約束を守らいのは嫌い!と言いますが日本は約束を守る方が多いと思います。日本では作業をしていて中途半端の時はくぎりの良い所で中断します。

フィリピンでは仕事が途中でも11時半になると昼食の準備にかかります。

チャチャ 
フィリピンタイム

一般的に時間に対してルーズの方が多いです。
約束の時間に全員が集合することは不可能に近いです。
中には集合時間にやっと起きて準備をする人もいるくらいです。

行政も同じく、パスポートを発行してもらうのに公の機関申請書類を提出します。
でもいつできるか全く見当がつきません。何度も行って確認しなければなりません。

電話連絡で確認は取れませんので指定日に行くとまだ出来てない!の一言で終わりのようです。

チャチャ
謝らないフィリピン

次に自分の非を認め謝る事が少ない国民性です。
非を認め前進したほうが徳なのに頑固にsorryがでないようです。
それが原因で別れるカップルも少なくないような気がします。
特に恋人や妻の場合はなかなかゴメンナサイの言葉はでてきません。

チャチャ
暴力はご法度

フィリピンで知っておかなければいけないことの中に、妻や子供を叩くと大変な事になります!
離婚だけでなく留置所に入れられ強制送還となるケースも多いです。
妻や子供にに暴力を振るう事は重い犯罪になります。弱いものを守ることがフィリピン法律です。

妻が旦那を警察に通報したと耳にしますがこの感覚は理解できません!

この女性は旦那に愛情があるのかと疑ってしまいます

チャチャ 
家族愛が強い

悪い事だけでもないです!家族思いは現在の日本人より優れているような気がします。
親、兄妹に対しては自分が犠牲になっても尽くす、この点は素晴らしいと感じています!
親と旦那のどちらを取るかの立場になった時は親を選択するフィリピン女性が大半でしょう

チャチャとAmaさん
郷に入れば郷に従え

大事な事は海外移住をしている私たちは外国人であることを忘れてはいけません。
日本の常識、全てを当てはめてはいけない様な気がします。
パートナーに日本の常識を押し付けても理解するまでは時間を要します。
ここはフィリピン、セブ島です。


頭にきても直ぐ怒らず、たまには自分がバカになる事も大切かな!


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村この情報がお気に召しましたら応援クリック(日の丸)を宜しくお願いいたします
スポンサーサイト

テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
カテゴリ