周囲を気にしない生活

 セブの海 
セブ島の魅力

日本は冬、セブ島はいつも常夏です。セブは今が過ごしやすい季節です、
1年を通して3月~5月が一番気温が高く、暑い日が続きます。
その時期がフィリピンの学校の夏休みとなります。
セブ島の
一番の魅力は、どこまでも透き通る美しい海と白い砂浜に囲まれた海です。

セブの海2 
セブ島の海

大小7000余りの島からなるフィリピンで、セブ島は4番目に大きな島です。
珊瑚が育つ海には、たくさんの海水魚が生息しています。アネモネ(いそぎんちゃく)
ソフトコーラルの間を、目を見張るように美しい海水魚が泳いでいます。

セブの海中 
海水魚

日本では海水魚を飼育するには大変お金がかかります。
海水も作らなくてはいけません。
セブ島は海に囲まれていますので海水の調達は難しくはありません。
自宅で海水魚飼育をする趣味もすぐにできます。

セブの海
セブの海

エメラルドグリーンの海とコバルトブルーの空そして白い珊瑚砂は見ているだけで癒されます。
自然と向き合った生活ができます。
セブ島に長く住んだ方は定住する方も多くいます。

セブの海 
時間に追われない

リタイアした方やお子さんが小学校前でしたら家族での移住をお勧めいたします。
お子さんの英語教育にはお勧めのセブ島です。
定年になってからの英会話の勉強もワンツーマンで楽しいですよ。


クマノミ 
趣味の実現

若い時にしたかった趣味をやってみるのも良いかもしれません。
周囲を気にしないで思った通りにやれるのは子育てが終わってからです。
時間と経済的に余裕ができるのが定年になってからで、初めて自分だけの時間が作れます。
Cebuには夫婦で移住している方もいますが奥さんは日本、夫は単身で移住の方もいます。
このように残された人生をお互いに満喫するのも良いです。

冬や花粉症の時期だけの短期移住はどうですか!

Email: jis-cebu@live.jp


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村この情報が参考になりましたら応援クリック(日の丸)を宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ