セブ島で日本の果物

マンゴ 
マンゴ

フィリピンの果物と言えばマンゴとバナナ、パイナップルが直ぐに頭に浮かびます。
セブ島は特にマンゴです。大き目のマンゴでも1個100円前後です。


マンゴスティン 
マンゴスチン

日本人に人気があるのが果物の女王と言われるマンゴスチンです。
日本人の口に合った味です。

ドリアン 
ドリアン

果物の王様はドリアンですが日本人には馴染みが浅く1度食べただけでは美味しさが分かりません。
当たり外れがあり美味しいドリアンを経験した方はトリコになってしまうほど美味しいです。

リンゴ富士 
輸入果物

果物天国のセブ島で多く輸入しているのがリンゴで特にフジが多いです。
右側が友達が日本から持ってきてくれた大玉のフジです。
左がセブのモールで売っているフジリンゴで、さらに大きく1個75ペソ(180円)

梨 


梨も輸入品で日本からではなく中国からが多いです。
1kg145ペソ(350円)1個150円前後になります、

柿 


小さめの柿は1個200円くらいです。

アメリカンチェリー 
アメリカンチェリー

セブに入る輸入果物で一番高いのがチェリーです。20粒くらい入って450円。
シーズンには日本から佐藤錦が入りますがイチゴパックで2500円前後になります。
それでも直ぐに売れきれてしまうのが今のセブです。

1個カップラーメンが250円して買うのに迷ってしまう私たちと違う富裕層が住んでいます。

40万円以上の家賃に住んでいる外国人もいます。
私が住んでいるビレッジでも家賃10万円以上が殆どです。

年金生活ができるセブ島は今はなくなりました。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村この情報が参考になりましたら応援クリック(日の丸)をよろしくお願いします

スポンサーサイト

テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
カテゴリ