セブ島の入管(ロングステイ)

セブ入管 
ロングステイ
セブ(フィリピン)にロングステイする場合、在外フィリピン大使館または領事館でビザを取得する必要があります。
空港で
30日間の滞在許可のビザが貰えます。
ロングステイで30日を超える場合は、入国管理局(イミグレーション)で延長申請を行えば最長3年間観光ビザで滞在する事も可能です。
 

今までは観光で入国をした場合1年以内に一度フィリピン国外に出なければいけませんでした。
それが3年間国外へ出なくても良くなりました。

入管
6ヶ月の延長
以前は観光で入国した場合空港内の入管で30日のビザをもらい
期限が切れる前に入館へ行き延長をしました。最初が30日後に最長2ヶ月の延長でした。
今は最長6か月の延長ができます。

Jセンター入管
パスポート期限
査証の延長をして残されたパスポート期限が6か月以上ある場合は、
最長6ヶ月間の延長が可能になりましたので2ヶ月ごとの延長より割安になります。

Jセンター2
リタイアメントより得かも
長期滞在を考える方にとってはリタイアメントビザ(SRRV)より観光の延長のほうが良いかもしれません。
SRRVは1万ドルないし2万ドルを退職者庁へ預けておかなければいけません。
ここは入管と違ってフィリピン政府が行っています。預けたお金は自由にはできません。
入管法は絶えず変わっていきますのでよく注意しながら情報を得てください。

入国管理局はJセンター,マクタンガイサノ、ニューロビンソンにあります。

いろんな査証(VISA)が有りますので目的に合わせて!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村この情報が参考になりましたら応援クリック(日の丸)をよろしくお願いいたします
スポンサーサイト

テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
カテゴリ