もし自分が倒れた時どうしますか!

 クリニック 
突然の電話
朝5時に携帯電話が鳴りました。どうしました!問うと倒れた!と返ってきました。
倒れた時怪我が無かった事と手が動くかを確認、自分で立ち上がる事が出来ない事を確認、
急いで車の手配をして病院へ連れて行きました。
このようなことがいつあるか分かりませんので緊急病院の場所を調べておくことは大切です。

単身移住 
いつもも携帯は手元に
以前血圧が高かった事と、左半身がおかしいと聞き脳梗塞か脳卒中の疑いでした。
一人生活で二階の部屋で休んでいて夜中トイレに起きた時倒れたようです。
電話で連絡がついたのがせめての救いです。

セブドクタース 
CTスキャン
病院に着き直ぐに入院手続きをしてスキャンをしました。
軽い左半身付随ですが自分で歩く事はできません。
ドクターに話をして看護師を付けてもらいました1時間100ペソです。

朝ごはん 
生活環境
食生活や今までは1,2階での生活を1階の生活に見直しをしなければなりません。
次に当分の間介護士を頼んで世話をしてもらわなければいけません。
65歳の満期年金受給を当てにしての移住ですが予定がだいぶ変わってきます。

チャチャ 
血圧には気を付けて
病院に来て血圧を測ると上が160、下が120と異常に高かったです。
舌下の錠剤を入れて30分後に140まで下がり検査を受ける事ができました。
日本で服用していた薬は海外に来てもドクターに相談をして続けなければいけないです。
日本の保険を抜いてきた理由で薬の服用を止めるのは危険です。
薬の現物があればそれと同じような薬は探せますし、日本より安いです。
急に倒れた時でも近くにいる人に連絡が取れるようにしておくことは大事です。

海外で病気になった時ほど大変なことはありません

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村この情報が参考になりましたら応援クリック(日の丸)をよろしくお願いいたします
スポンサーサイト

テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
カテゴリ