フィリピンのメイドは家事代行に最適

家事3 
日本人用メイド教育
8年前からセブ島に移住する日本人向けのメイド教育をボランティアで行ってきました。
移住なさる方にとって一番の問題は言葉です。
そこで日本語が話せるメイドさんを養成しました。生徒の大半は大卒です。

チャチャ 
日本語教室
日本語が話せるようになるまでの基礎を教えていきます。
耳から聞いた日本語を書かせてみますとよく間違うのがOとUの発音です。
メールのやり取りをする事で分かってきます。

授業 
無料の授業
大卒でも仕事に就けない人が多くいます。
日本語と日本料理を身につけて付加価値を高めました。
日本人の家庭のヘルパーさんや日系企業に勤めることができています。
一般のメイドさんの数倍の給料でも需要があります。

家事2 
日本の家事代行
特区として大阪と神奈川が家事代行に外国人雇用ができるようになります。
これが成功すると全国に広がることは間違いありません。

家事4 
日本語を話せることが大事です
研修生制度で日本へ行っても賃金は2年目で実習生となり労働基準法の最低賃金が適応されます。
1年目は労働者の扱いにはなりませんので手当も月9万円以下となります。
就労を目的で来た外国人が最低賃金を保証されないので失踪が増えているのだと思います。
受け入れの企業側も日本語学校に通わせなければいけません。
双方にとって問題があるのがこの研修生制度だと思います。

家事 
日本料理教室
日本料理を食べた事のないのが圧倒的に多いフィリピン人に買い物に行かせても材料が揃いません。
安くて量があればいいのフィリピン人には料理を食べさせなければ理解はできないと思います。

ニラレバ材料 
ニラレバ炒め
モールのどこに行っても中々手に入りにくいのがニラです。
初めて見る人も多く、食べた事のあるフィリピン人は殆どいません。
ニラが無かったらニラレバ炒めになりません。
キッコウマン醤油は現地のものがありますし、片栗粉はトウモロコシの粉で代用できます。
ニラが余ったらニラ玉を教えます。

料理 
牛丼
フィリピン牛は脂身がなく硬いので圧力鍋を使って牛の油と一緒に料理をします。
出来るだけ玉ねぎの甘みを出すようにします。
圧力鍋を持っている家庭のほうが少ないフィリピン人は蒸気の音を聞くと爆発すると考える子も多いです。

試食会 
日本の文化を教える
食べてみて分かる味、作ってみて分かる材料。
日本語も文法、漢字を覚えるより、実際使う会話を話すことだと思います。

今大手家事代行の会社が動き始めましたが即戦力のある人材を探すのが一番だと思います。
誰でもできる単純就労と軽視すると失敗すると思います。

今まで教えてきた生徒が実力を発揮できる時期がやっと来ました!

Email: jis-cebu@live.jp


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村この情報が参考になりましたら応援クリック(日の丸)をよろしくお願いいたします

家事代行 


スポンサーサイト

テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ