今の円安で海外生活は厳しい

マガンダ 
円安と株高傾向

近頃の安倍政権下のいわゆる円安と株高の傾向をどのようにみていらっしゃるでしょうか。

一時的なものと判断されている方もいらっしゃるでしょうし、これは長期的につづくのではと考えられている方もいらっしゃると思います。
円高から一気に円安傾向となり、2年前では1ドル70円台が一気に110円台に復活しました。
それと同時にペソが強くなってきました。

フィリピーナ 
予想は不可能

2008年のリーマンショックで株式投資などをされた方は、持ち株の価値を大きくさげられてしまったと思います。
株価も当時の価値に戻ってしまうような勢いです。

もし未来の株や円の動向がわかっているのなら、これ以上簡単なものはないのですが、世の中そうそううまくいくものではありません。

近頃では、高度経済成長、バブル経済の崩壊、ITバブル、いざなぎ景気、リーマンショックと、経済の好調、不調の振れ幅が非常に大きく、規模が大きく、世界の経済の感覚をもたないとなかなか先が見通せない状況です。

フィリピーナ2
ペソが強くなっています

1990年代では、1ドル120円前後の相場だったので、このような感覚からするとまだまだ安いとも言えます。
しかし、この急激な変動での投資は賭け事に似たところもあると思います。
今日現在で1万円は3800ペソを割り込んでいます。

フィリピーナ
円安、ペソ高のフィリピン

こちら、フィリピンセブでも、円安の傾向は顕著です。
円安に伴ってペソの価値も急激に上がっています。
円に対して米ドルと同じような変動をするためです。

1昨年11月までは換金レートが1万円が5000ペソを上回っていました。
今日のレートでは3,800ペソギリギリです。

この2年以内でペソの価値が円に対して25パーセントほどあがってしまいました。
円をたよりに生活する日本の方にはセブでの生活が25パーセントほど割高になったということを意味します。

美人さん
セブ島海外移住

また、原油価格の高騰もセブの生活を考えるうえでは大事です。
セブでのガソリンの価格は日本の値段とほとんどかわりがないものと考えたほうがいいといえるほどの価格です。
移住を考えられている方には、是非、現状を踏まえた上で、大きな失敗がないようベターな選択をしてほしいと思います。

以前は1ペソは2倍すると円の計算でしたが今は2.7倍です


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村この情報が参考になりましたら応援クリック(日の丸)をよろしくお願いいたします
スポンサーサイト
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ