世界遺産、フィリピンのバロック様式教会群


フィリピンのバロック様式教会

フィリピンの世界文化遺産のひとつ、フィリピンのバロック様式教会群を紹介します。

スペイン統治下にあった16世紀に建てられた4つの教会が現在、世界遺産として登録されています。

ビリャヌエバ1

4つの教会ともヨーロッパのバロック建築の影響を受けた石造の教会で、そして、要塞としての機能も合わせ持っているつくりになっています。

その中のパナイ島にあるビリャヌエバ教会。通称、ミアガオ市にあるのでミアガオ教会。

パナイ島のイロイロからアクセスできます。


ビリャヌエバ2

石造りの重厚なつくりで、フィリピンらしくヤシの木やパパイヤのレリーフがほどこしてあります。

両隣の塔は、イスラム教圏からの備えとして作られたものと想像できます。

サン・アグスチン教会

次にマニラのサン・アグスチン教会は、1571年に建築されたフィリピン最古の教会といわれています。

マニラ中心部にあり、様々なキリスト教関係の展示がされています。


西洋の国々とのつながりを感じられる世界文化遺産です。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村この情報が参考になりましたら応援クリック(日の丸)をよろしくお願いいたします


スポンサーサイト

テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ