嬉しい子供からのバレンタイン

母と子 
移住4年
東日本大震災後にセブ島に移住をした家族ですがもう4年になります。
小学入学前に来てアキラは今年4年生になります。
今日はimmigrationに行って査証の更新です。
昼ごはんはみんなでラーメン、チャーハン、餃子を食べてきました。

akira 
英語が中心

セブに来た当時はアルファベットも分からなかったアキラ!
今は夢を日本語ではなく英語で夢を見るようです。
兄弟でインターナショナルスクールに通っています、
兄のHyumaは身長も伸び173cmになりました。

成績 
学年で1番

アキラは今回の期末試験で学年一位になりました。
小さい時に移住をしたお子さんはあっという間に英語をマスターします。
大変なのは日本にいるお父さんです。
セブ島で母子2人の移住をよく見かけますが最低25万円はかかっているようです。
それに高校生の子がプラスされると30万円になってしまいます。

チャチャ 
チャチャも先生

夜10時過ぎに部屋をノックするので開けてみるとアキラがノートをもって立っています。
チャチャさんここを教えて! と来ます。
自分が分からないことがあると人に聞いて納得してからでないと寝れないようです。

プレゼント
バレンタインプレゼント

今日はバレンタインデー。
日本では女性が男性にチョコレートをプレゼントするのが一般的ですがこちらは違います。
男性が女性にプレゼントか双方がプレゼントをします。当然ホワイトデーはありません。
これはアキラとHyumaからチャチャにプレゼントです。
私もハナからバラの花を頂きました。ありがとう!
セブの教育でいいところは英語のマスターとイジメがないことです。

子供のために頑張らないと!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村この情報が参考になりましたら応援クリック(日の丸)をよろしくお願いします



スポンサーサイト

テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

最新記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
カテゴリ